Blog

TCO:自作サーバー vs レンタルサーバー

サーバーのTCO

はい、こんにちは。(^_^)

 

ハンドルネームkabahandleです。

 

皆さん、自作パソコンにLinuxなどをインストールして、サーバーとして稼働させて、家庭内LANで活用されたことはあられますか?

 

また、ルーターのNAPTやIPマスカレード機能を使って、インターネットからご自宅の自作サーバーへ、接続できるようにしたことはあられますか?

 

私もそのはしくれで、Webサーバーや、メールサーバー、SSHサーバーなどを立てていました。

 

自作サーバーは、自分の好みのスペックのマシンと、好みのソフトウェアやOSを使用できるので、とても楽しいですよね。

 

ただ、自作サーバーは、24時間稼働しないといけないため、電気料金は、うっかりすると月3,000円以上かかったりします。

 

対して、レンタルサーバーは、電気代は請求されませんし、管理やセキュリティもレンタルサーバー運営会社が担保しますし、コントロールパネルも充実していますよね。

 

今日は、自作サーバーと、レンタルサーバーについて、かかる費用の総額であるTOC:トータル・コスト・オブ・オーナーシップ(Total Cost of Ownership:所有してることでかかる費用)について解説していきます。

 

それでは、行ってみましょう!

 

自作サーバーの金額

自作サーバーの金額

 

自作サーバーにはサーバー自体を購入するという金額(コスト)がかかります。

しかし、自分の好みのスペックのマシンの購入する検討をすることは、楽しいことですよね。

ただ、「入るを量りて出ずるを制す」との格言もあるとおり、かかる金額をきちんと見てみましょう。

  • 自作PC(新品)
    Core i7で15万円くらい。
  • 自作PC(中古)
    Core i7で5万円くらい。
  • インターネット光回線
    月額6,000円くらい。
  • 電気代
    月額3,000円くらい。
  • サーバーOS
    インターネットからダウンロードすると0円。
  • その他、グラフィックスボードや、高速LANカード代
    2,000円~50,000円。

などなど。

かかる初期投資代金と、その後のランニングコスト(月額金額)を考えてみると、以下のようになります。

  • 初期投資は、5万円~20万円。
  • ランニングコストは月9,000円で、
    そのうち半分を自分用、半分を自作サーバー用とすると、自作サーバーの純粋なランニングコストは平均月4,500円。

いかがでしたか?

意外とコストが掛かっているのではないでしょうか。

もちろん、楽しみでやられている方もいらっしゃるのは当然ですし、単なるコストではなく、投資ともいえるでしょう。

レンタルサーバーの金額

レンタルサーバーの金額

 

対して、レンタルサーバーの金額(コスト)は、どれくらいでしょう。

代表的なレンタルサーバーでは以下のような金額がかかります。

  • AWH

    レンタルサーバー (Web)


    初期費用0円
    ランニングコスト月499円

  • さくらレンタルサーバー
    https://www.sakura.ne.jp/standard.html
    初期投資1,048円
    ランニングコスト月524円
  • ロリポップ
    https://lolipop.jp/pricing/
    初期投資0円
    ランニングコスト月500円
  • お名前.comレンタルサーバー
    https://www.onamae.com/server/
    初期投資0円
    ランニングコスト月900円
  • Conohaレンタルサーバー
    https://www.conoha.jp/wing/pricing/?btn_id=wing-glonavi_pricing
    初期費用0円
    ランニングコスト月1,200円

また、AWHに至っては、無料のレンタルサーバーまで用意されています。

レンタルサーバー (Web)

無料と言っても、以下のような充実した内容です。

  • ドメイン数1ドメイン
  • SSD容量5GB
  • アクセス帯域1Gbps
  • コントロールパネル付き
  • 無料SSL証明書
  • 広告表示なし

そのため、下記に、当てはまる方は、AWHの無料レンタルサーバーをお試しされても良いでしょう。

  • 初めてレンタルサーバーを借りる方。
  • AWHのレンタルサーバーを借りたいけどお試しで使って見たい方。
  • AWHの提供されるサービスの質の確認を行い、AWHのVPSや専用サーバーの検討をしてみたいと思われる方。

自作サーバーのメンテナンス VS レンタルサーバーのメンテナンス

自作サーバー VS レンタルサーバー

自作サーバーは基本的に自分で管理やメンテナンスを行わなければなりません。

 

例えば、OSにCentOS7を選び、PHP5.6をインストールしたとします。

 

しかし、WordPressは2019年内にも、PHPのサポートバージョンがPHP7以上に限定される見込みです。

 

そのため、自作サーバーを運営しながら、PHPをPHP7へアップデートする必要があります。

 

現在は、remi-php73などのリポジトリがあり、そこからPHP7をインストールもできます。

 

remi-php73のリポジトリが閉鎖されたら、別のリポジトリをネット検索で探さなくてはなりません。

 

その後も、リポジトリから正常にPHP7へアップデートできるのか、MySQLとの依存関係で問題はでないのか、など、検証することはたくさんあります。

 

その間、サーバーの運用はストップしなければなりません。

 

このサーバー運用停止期間の機会損失と、メンテナンスにかけたあなたの時間コストも、自作サーバーのTOCになります。

 

対して、レンタルサーバーでは、レンタルサーバーを提供している会社が、OSやPHPなどのミドルウェアのメンテナンスを一手に引き受けてくれます。

 

組織的に対策や検証を行っているため、安定感、安心感が違います。

 

また、追加料金も発生しないため、TOCが安くなります。

まとめ

まとめ

 

皆様、大変お疲れ様でした。

ここまで読んで頂いて、誠にありがとうございました。

今日の解説内容を、以下にまとめます。

  • 自作サーバーは、自分の好きな構成でサービスを提供できるが、意外とコストがかる。
  • 自作サーバーの場合、管理・メンテナンスやバージョンアップが大変。
  • レンタルサーバーは、管理も運用もメンテナンスもレンタルサーバー提供業者が責任を持って行うので、TOCが安くなる。無料のレンタルサーバーもある。

いかがでしたか?

自由に構成を組める自作サーバーと、TOCが安いレンタルサーバー、うまくバランスを取りながら、良い選択をしたいですね。

皆さんもこのページの内容を元に、ご検討くださいましたら幸いです。

それではー またー (^_^)/

初心者による、初心者のためのレンタルサーバー入門!(第四回)

AWHの有料レンタルサーバーの魅力とは

 

前回までは、アフィリエイトサイトを運営するにあたっての有料レンタルサーバーの利点をみてきました。今回は弊社AWHの有料レンタルサーバーのおすすめポイントをご紹介いたします。

 

破格の月額料金

有料レンタルサーバーは無数にありますが、弊社の月額料金499円はまず間違いなく最安の部類に入ります。かつ、データ容量は無制限。これは他社の追随を許しません。同価格帯の他社サービスではデータ容量が大幅に少なくなるところがほとんどです。

 

イージースタート

また弊社有料サービスでは初期費用が無料。また試用期間は一か月です。初期費用は高いところだと3,000円ほど、試用期間は短いところだと10日程度で終わってしまうため、この点でも弊社サービスのコストパフォーマンスの高さをご理解いただけるかと思います。どなたでもお気軽にご使用いただけるサービスとなっています。

 

CDN

さらに弊社有料レンタルサーバーはCDNが使用可能です。CDNとはContent Delivery Networkの略称で、Webサイトを大幅に高速化できるサービスです。この価格帯でCDN使用可のサービスはなかなかないと自負しています。

 

さらに弊社有料レンタルサーバーにはPleskコントロールパネルがついているため各種操作が非常に快適。Wordpressのインストールもらくちんです。ハードウェアファイアウォールを使用しているためセキュリティ面も安心。さらにサポートサービスは24時間365日ご提供させていただいております。

 

 

FacebookメッセンジャーとEメールでのお問い合わせはご契約前のお客様もご利用いただけます。何かご不明点などある場合はお気軽にお問合せください。

 

これからアフィリエイトブログをはじめようという方、レンタルサーバーを利用するのが初めてという方にとって、弊社サービスは非常に手頃かつ扱いやすいサービスです。ぜひご利用をご検討ください。

初心者による、初心者のためのレンタルサーバー入門!(第三回)

有料レンタルサーバーの選び方

 

なぜアフィリエイトブログ解説にあたって有料レンタルサーバーが推奨されるのか?ポイントはいくつかありますが、第一に挙げたいのは運営可能独自ドメイン数。本格的にアフィリエイトで収入を得ようとした場合、単一のサイトのみを運営して十分な収益を得るというのはかなり難しいと考えられます。そこで多い人では数十ものサイトを運営することになるのですが、その際に、たとえば無料レンタルサーバーだと使用可能な独自ドメインに制限がある場合がほとんどです。弊社無料レンタルサーバーも使用可能な独自ドメイン数は一つに限らせていただいています。

 

アフィリエイトサイトを運営するにあたって、ユーザーの信頼を得るために独自ドメインは必須です。ですから、この時点で必然的に複数のサイトを運用するならば有料レンタルサーバー一択となってきます。ちなみに弊社の有料レンタルサーバーの運営可能独自ドメイン数は無制限。本気でアフィリエイトブログに取り組むなら間違いなく有料レンタルサーバー以上のプランをおすすめします。

 

有料と聞いて気になるのはやはり料金でしょう。弊社有料サーバーは月々499円からご利用可能。これは月々のコストを抑えたいみなさんには素晴らしい選択肢になると思います。

ある程度サーバーの知識があるみなさんには、VPS サーバー、VPS+ サーバー、専用サーバーも手ごろな価格で取りそろえているので、ビジネス規模に合わせてお選びいただけます。弊社サービスは国内においては最安値を保証しますので、価格面の問題を抱える方はまずご相談いただければと思います。次回は弊社サービスの内容をもう少し詳細に見ていきます。

初心者による、初心者のためのレンタルサーバー入門!(第二回)

まずは基本的な重要要素を確認

 

レンタルサーバー初心者の方にまずきちんと理解しておいてもらいたいのは「SEO= Search Engine Optimization=検索エンジン最適化」という単語。簡単にいってしまうと検索エンジンで上位表示させるための様々なテクニックです。以前は検索サイトを欺いて、実際のサイトの価値よりも上位に表示させようとする「ブラックハットSEO」というやり方「が大手を振っていましたが、現在は対策がなされ、かかる費用の割には見合った効果は得られなくなっています。

 

現在は、「実際にユーザーにとって価値ある情報を提供する」「検索エンジンにサイトの価値を正しく認識してもらうためのサイト設計」といったベーシックな部分が検索エンジン上位表示を狙う上で重要となっています。

 

アフィリエイトブログを運営する際、この点に関しては有料レンタルサーバー、無料サーバー、無料ブログサイトどれを使っても一見違いはないように思われます。ですが無料サーバー、無料ブログサイトでは使用できるディスク容量に制限があるため、おのずと製作できるコンテンツ内容、量が限られてくることになってしまいます。これは「ユーザーにとって価値ある情報を提供する」といったSEO対策上での命題に制約がかかることを意味するため、収益化を図るアフィリエイトサイトを作成するのでしたら最初から有料レンタルサーバーとWORDPRESSを使ったブログ運用がおススメとなります。

 

また、弊社が提供する無料レンタルサーバー(無料ホスティングプラン)と有料レンタルサーバー(有料ホスティングプラン)は両方ともPLESKコントロールパネルを利用可能です。PLESKコントロールパネルとはサーバー運用に関する知識や経験が乏しくても、ある程度直感的にサーバー運用することを可能にしてくれるサーバー管理ツールです。あの黒い画面と格闘する自信がない……という方にとっては力強いサービスです。

 

では、次回はもう少し具体的なステップを踏みながら、有料レンタルサーバーを使ってアフィリエイトブログを開設する手順をみていきましょう。

初心者による、初心者のためのレンタルサーバー入門!

このブログでは数回に分けて、レンタルサーバーを利用してブログを開設し、運営を始めるまでの一連の流れを紹介します。このあたりのことを書いた記事はWEB上に溢れていますが、2019年現在、検索上位に来るのはいまだに数年前の情報を記載したサイトばかり。このブログではきちんと2019年版にアップデートした情報をお届けいたします。

  1. なぜレンタルサーバーを使うのか

レンタルサーバーの利用用途として、「ブログの運営(特にアフィリエイトブログ)」というのは常に上位にくると思います。

ブログを運営するにあたっては、まず「無料ブログ」か「無料レンタルサーバー」または「有料レンタルサーバー」のうち、どのサービスを利用するかを選択することになりますが、ホスティングサービス(レンタルサーバー)を提供する弊社としてはやはり、収益化を図るブログを運営するならば「有料レンタルサーバー」の利用をお勧めします。

無料のブログサービスや無料レンタルサーバーとの違いはなんなのか?そもそもどうやって始めたらいいのか?費用は?難しくない?などなど、レンタルサーバー初心者のみなさんが感じる疑問を、残らず解消していきたいと思います。

一昔前は「独自ドメイン」の利用に制限がある無料ブログが多く、使用に際し必ず独自ドメインの取得が必要な「レンタルサーバー+WordPress」の組み合わせが圧倒的に有利でした。ですが、こと独自ドメインに関しては、最近は無料ブログでも設定できるところがほとんどです。

では、なぜ有料レンタルサーバーを使う人が多いのか?

ブログで収益を得ようとする人にとって一番大きなポイントはSEOへの影響」です。

ここまでですでに、見知らぬ単語に出くわした、という方はいませんか。大丈夫です。次回からそういった単語一つ一つも細かく解説していきます。

「独自ドメイン」「WordPress」「SEO」・・・きちんと一つずつ理解していきましょう。

  • ユーザー登録
パスワードを忘れましたか?ユーザーID若しくはメールアドレスを入れてください。パスワードリセットのメールを送信します。
We do not share your personal details with anyone.